◇掲示板◇

より多くのお客様とコミュニケーションできるよう掲示板を設置しました。
これから、四季彩菓ふじ乃よりさまざまなお知らせをしていきます。
また、お客様からの書き込みもOKですので、どんどん書き込んで下さい。
皆さんと楽しい場所を作っていきたいと思います。よろしくお願いします。


当掲示板へ書き込みをされる方はこちらでどうぞ
全 件 [ 1 2 3 5 6 7 ] [最新の状態]
ページ 4 (31〜40)
『小江戸蔵里』にプチふじ乃♪
  2010/10/27 (水) 21:32:28 - 二代目 - No.1288179882
(添付1) 1288179882.1.jpg
(添付2) 1288179882.2.JPG
(添付3) 1288179882.3.JPG
川越市新富町(クレアモール)に新しく出来た
観光物産館『小江戸蔵里」のお土産処「明治蔵」
にふじ乃の商品が並びました!!

10/1オープンだったのでもうかれこれ1カ月近く
経ってしまいましたが、ご紹介します。

お土産処の明治蔵には川越中の菓子屋さんの
商品が買えるくらいお菓子だらけ。
その中をお客様はアレが良いかコレが良いかと
歩き回り、お好きな商品を買い物カゴに取り
レジに持っていくセルフスタイルになっています。


その中にふじ乃のコーナーがあり、
写真のようにディスプレイされています。
ここでは3種類の焼き菓子(炭焼芋、栗まん、十三里)を手に取ることができます。

オレ大福と芋ようかんは冷凍ケースにバ〜ンと
ふてぶてしく並んでおり、レジ回りの平台には
焼菓子(川越びより、つばさちゃん、栗まん)と
酒まんじゅうを置かせてもらっています。


おかげ様で毎日納品に行くほど売れており、蔵里様さまです。

川越に観光に来て「南大塚には行けないけど、
ふじ乃のオレ大福が気になる」といった方は是非ご利用下さいませ。


なお、今はハロウィンの時期ということで
明治蔵の入り口近くに「パティスリーポタジェ」さん
ハロウィングッズが所狭しと並んでいます。

ちなみにショップのほうはもっとスゴイですよ!



『小江戸蔵里』
〒350-0043 埼玉県川越市新富町1-10-1
電話番号:049-228-0855
<営業時間>明治蔵:10時00分〜18時00分

初めまして
  2010/10/25 (月) 14:32:12 - 北村 拓馬 - <sanctuary-0510@e-broad.ne.jp> - No.1287984373
初めましてといっても先月あたりにお菓子を送ってもらったので初めてではないですね(笑)
大福の詰め合わせを頂いたのですが「ホントに冷凍したの??」というくらいおいしかった
です。
ほかのお菓子も食べたいのですが家が遠方なのでなかなか店まで行けません。
そして私は生菓子も好きなので食べたいのですが生菓子の郵送は行っているんですか?
していたらすごいうれしいです。もししてなくても店頭にあれば時間をとって買い行きたい
と思ってます! また食べたいと思うのでまたよろしくです♪

返信1 返信-1
 2010/10/25 (月) 18:05:31 - 二代目 - No.1287984373.1
北村さま

こんばんは。先日は「大福詰め合わせ」のご注文有難うございました<(_ _)>
美味しくお召上がり頂けたようで何よりでございます。
またの機会にもどうぞご利用下さいませ。

さて、生菓子ですね。と言っても色々とございますが、上生菓子(練切やきんとん)の宅配
便での配送は残念ながら行っておりません。

饅頭や餅系の生菓子でしたら配送も可能ですので、何かリクエストがございましたらメー
ルやお電話でお気軽にご相談くださいませ。

ちなみに今の季節ものですと「栗蒸し羊羹」、「栗時雨」、「大粒栗上用まんじゅう」。
来月になると、「亥の子餅」、「柚子上用饅頭」なども始めます!!


二代目 川上勝弘

うさぎまんじゅう
  2010/9/20 (月) 17:37:54 - 二代目 - No.1284971127
(添付1) 1284971127.1.JPG

9月22日(水)は十五夜です。
天気予報では水曜くらいまでは何とか晴れそうです。
お月見ができるとよいですね。

十五夜にちなんで、ふじ乃では先週の金曜日から
上用饅頭製の「うさぎまんじゅう」を販売しています。
おかげ様で大変よく売れています!

白いウサちゃんにはこしあんが、
赤いウサちゃんにはつぶあんが入っています。
22日までの限定販売となりますので
お早めにご利用くださいませ。


また「お月見団子」は十五夜当日のみご用意します。


9月の創作菓子『いもプリン』
  2010/9/18 (土) 18:16:51 - 進太郎 - No.1284715183
(添付1) 1284715183.1.JPG
(添付2) 1284715183.2.JPG
 こんにちわ。見習い和菓子職人の進太郎です。9月も中旬になりやっと秋らしい感じに
なってきましたね。


9月初旬に出す予定だった「今月の創作菓子」が
やっと完成しました!試行錯誤を続け、今までかかってしまいました。


今月は新芋がとれたばかりのさつまいもをふんだん使った『いもプリン』です!!

上の赤い部分は、さつまいもの皮をイメージした
リンゴ風味のジュレで、味はもちろんの事、見た
目まで秋を感じられるプリンに仕上げました。


写真では分からないのですが、中には角切りの
さつまいもがゴロゴロ入っていて、上のリンゴ
のシロップ煮ととも食感を楽しませてくれます。


店頭にて1個210円で発売中ですので、宜しくお願いします。

和菓子職人見習い
  2010/9/6 (月) 09:27:50 - 二代目 - No.1283731053
(添付1) 1283731053.1.JPG
今年の春からふじ乃で働いている
青森県弘前市からやって来た期待の新人  
菊谷永一くん(18歳)です。

学生時代はボクシング部に入っていたようですので
私の用心棒として採用しました。(もちろんウソです)


今月で6ヶ月目を迎え、仕事にも環境にも
段々と慣れてきた頃だと思います。
私としましては、積極的に菓子の製造にも関わらせ、
店にも立たせるようにしております。

といってもまだまだ未熟な1年生。
不手際でご迷惑をおかけすることもあろうかと思いますが
何卒宜しくお願い申し上げます。

こおり豆腐
  2010/9/2 (木) 08:55:18 - 二代目 - No.1283384877
(添付1) 1283384877.1.JPG
9月に入りましたがまだまだ暑いですね。

先日、南大塚にある光村印刷さまから依頼され
特別注文品として作った涼菓「こおり豆腐〜水月」。
寒天の中に絹ごし豆腐、うぐいす豆をちらし、黒糖の
水羊羹で合わせた見た目にも涼しげな夏の菓子です。

実はコレ、実際に江戸時代に流行った豆腐百珍と
いう豆腐料理本のレシピをもとにして、
ふじ乃流に再現した菓子なんです。


江戸時代も、いやそのずっと昔からも人々は季節に合わせ料理や菓子を工夫して作り、
涼を楽しんだり、暑さをしのいだりしていたんですね。

おかげさまで大変勉強になりました。
光村印刷の浅見様 どうもありがとうございました。


二代目 川上勝弘

今月の創作菓子
  2010/8/5 (木) 21:03:51 - 進太郎 - No.1281009719
(添付1) 1281009719.1.JPG
みなさまご無沙汰しております。
ふじ乃で修業中の進太郎です。
勤め始めてから一年半近く経ちまして、
多くの仕事を任されるようになりました。

そんな私が商品の企画から製造までを
一任されたお菓子が発売されました!
「今月の創作菓子」として、月に1品のペースで出していく予定です。





今回のお菓子は「浮島巻」です。
「浮島」という技法で作った抹茶の生地で、小豆羊羹を巻き上げました。
このキレイに巻き上げることにかなり苦労しまして、何回も失敗しました。
しっとりとした生地、完成形がくるっと「の」の字になることを目指し、
やっと発売までに至りました。

現在は店頭のみの発売となっておりますので、宜しくお願いします。
皆さまのご感想をお待ちしております。




どらやきの練習
  2010/2/15 (月) 18:36:58 - 二代目 - No.1266223005
(添付1) 1266223005.1.JPG
(添付2) 1266223005.2.JPG
(添付3) 1266223005.3.JPG
お久しぶりです。
寒い日が続きますが皆様いかがおすごしでしょうか。

二八といって商人にとっては2月と8月は暇な月で、
おまけに今日は昼前から冷たい雨が降り、客足もまばら。。
これから雪が降るとか降らないとか。



ということで、
今日は製造部も仕事がはやく片付いてしまったので
現在修行中の進太郎はどらやきの練習をしました。

いつもは小麦粉を水で溶いただけのものを、熱した銅板の上
に匙ですくって流す練習をしているのですが、
今回は売り物と同じように卵と砂糖と蜂蜜、小麦粉、みりん、
日本酒など本物の材料を使い、本番と同じように仕込んで焼いてみました。


初めて自分で生地も仕込み、本物を焼いたのですから
最初のうちはもちろん上手くはいきません。
けれど回数を重ねていくうち、普段の練習の甲斐もあって、
旨そうなどらやきが次々と焼き上げっていきました。


今現在ふじ乃のどらやきは私二代目が焼いているのですが、
この分だと近いうちに進太郎の焼いたどらやきも店頭に並ぶことになると思う。


私が昔父に教わって身につけていったことを、今は私が進太郎に教える。
すぐには無理だけれど、しっかりと自分のものにしていってもらいたいものだ。


ちなみに、進太郎が焼いた沢山のどらやきは
静岡にいる友人達へのお土産として持って帰りました。

かわごえ和スイーツコンテスト
  2009/10/16 (金) 20:16:14 - 二代目 - No.1255689967
(添付1) 1255689967.1.jpg
(添付2) 1255689967.2.JPG
川越を舞台にしたNHK連続テレビ小説「つばさ」の放
映をきっかけに、街をさらに盛り上げようと10月11日
(日)鏡山酒造跡地で「かわごえ和スイーツコンテスト」
が行なわれました。

スイーツ親方こと芝田山親方(元横綱大乃国)を審査
委員長として、「つばさ」の菓子制作指導をしている
東京製菓学校の小林紀夫氏、それからわたくし
二代目らが審査委員となり厳正な審査を行いました。



応募総数は164品。
そのうち最終審査に残った9作品のグランプリに輝い
たのは坂戸市の鷲見義則さんが作った「ポリフェノ
ールたっぷり『丸ごとさつまロール』」。
なんとさつまいもだけでなく、その葉までも使用して
います。このさつまいもの葉にはポリフェノールが豊
富に含まれ、体にも優しいスイーツということで大変評価されていました。


準グランプリには川越の地の物と豆腐のババロアを取
り入れた「これぞ和!!いもんぶらん醤油タルト」。
上尾市の古賀志緒里さんの作品。
お豆腐と醤油をスイーツに使うとは素晴らしい発想です。


審査委員特別賞は秩父市の高校生櫻本紋可さんらが
作った「川越 Mochi カステラ」。
食べながら川越を歩けるように」と考えたものだそう
です。これは、たこ焼き器で焼き上げるおもしろ作品!




結果的にはどの作品がグランプリを取ってもおかしくないほどの接戦でした。
9作品のどれもが完成度が高く、素晴らしい出来栄えでした。

さつまいもを使った和スイーツがやはり大半でしたが、今まで見たこともないさつまいも
のスイーツばかりで、参加した皆さんのアイディアには脱帽してしまいました。。

商品の販売場所
  2009/9/12 (土) 01:35:55 - よーぐる - No.1252686504
初めて書き込みさせていただきます。
ふじ乃の大福は手みやげとしていつも大好評で、
よく利用させていただています。

ですが一つ難点は、お店の場所がうちからちょっと遠いことで、
そのため時間がないときには違うもので代用してしまうこともあります。

川越駅周辺や一番街などに扱い店舗があれば、もっと利用するのになあと思います。
もし今後そのような予定がありましたら
もしくは他に扱っている場所がありましたら教えていただければと思います。


返信1 返信-1
 2009/9/12 (土) 18:14:10 - 二代目 - No.1252686504.1
よーぐる様

書き込みありがとうございました。
いつも当店の大福を手土産として使って頂き誠にありがとうございます!
遠いところわざわざお越しくださるのですね。
大変恐れ入りまする。。。


で、ご質問の件でございますが・・・
ご存知の通り今のところ川越中心市街地に取扱店や支店はございません。
ですが・・・密かにあちらのほうに出店したいな〜と考えております。

まだ具体的な話ではありませんので何もお約束はできませんが、
よーぐる様のように思ってくださるお客様がいると思うと
がぜんやる気が沸いてきます!!

どうか(少し気長に)楽しみに待っていてください。


二代目

 
MiniBBS-EX 1.15