フカゼンだより

全24件[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 ] [最新の状態]
11月号  菊の香ただよう霜月 2014年11月4日
(添付1) 1415080964.1.jpg
(添付2) 1415080964.2.jpg
(添付3) 1415080964.3.jpg
(添付4) 1415080964.4.jpg
(添付5) 1415080964.5.jpg
(添付6) 1415080964.6.jpg
(添付7) 1415080964.7.jpg
(添付8) 1415080964.8.jpg
通算 122号
11月になりました。
ハロウィンの騒ぎは遠ざかり、町も人のこころも年末に向けて忙しくなっていきます。
(写真@) 晩秋の新河岸川。桜の葉はいろづき、散り、川にはいつのまにか鴨の姿がふえています。









(写真A) ご近所の生け垣に、山茶花が咲き始めました。














(写真B) いつも自転車で通る裏宿通りの古い御宅。
ご主人丹精の菊が咲きはじめました。
これが咲くと、ああもう11月、小江戸マラソンの季節だなぁと思います。
(今年の小江戸マラソンは11月30日に開催されます。)














(写真C) 10月18,19日は、川越祭りでした。
雲ひとつない青空の下、川越の町はきらびやかな江戸の気に包まれました。

   自動車(くるま)みな消えし街路にゆるゆると山車のゆくとき江戸の気は満つ  ゆきこ







(写真D) 羅陵王の山車がちかづいてきました。
いま、たぬきが踊りを踊っています。シャッターチャンス、難しい。
この山車は川越で最古のものだそうです。













(写真E)菓子屋横丁へ続く、川越の裏通りも、人でいっぱいです。
道の突当りに山車が見えているの、見えますか?

大盛況の川越祭りですが、
最近、オバサンが思うこと。
川越祭りはもう、込みすぎではないか?と。
二日間で100万人、というのは川越のキャパシティを越えているのではないか、と。
(川越の人口が30万人)。
もうこれからは、ポスター、宣伝なども控えて、
もうすこし、落ち着いた祭りにするのがいいのではないかと思いました。

(写真F) 大人気、フカゼンオリジナル、美濃和紙カレンダーの販売を始めました。
おだやかに草を食む三頭の羊。
2015年が穏やかな年でありますように、との願いを込めて。











(写真G) フカゼンの掛け軸をご紹介。
       遠田一成 「糸菊」  \138,000  税込

嵯峨菊を描いた上品で繊細な作品です。
秋のかおりが漂ってくるような一幅です。

<今月のお休み>  今月は、4,11,12,18,25,26日にお休みを頂きます。
よろしくお願いいたします。

全24件[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 ]

トップページフカゼンQ&A掛軸はじめのいっぽ掛軸カタログ請求
写真は語る営業のご案内アクセスマップ|フカゼンだより
MiniBBS-EX 1.30