金笛 笛木醤油川越店
金笛直売所 うんとん処春夏秋冬 松下紀久雄むかし絵美術館 店舗案内 商品紹介
金笛直売所

 

笛木醤油の歴史は、江戸時代・寛政元年(1789年)にはじまりました。以来、伝統の醸造技術を受け継ぎ、原材料にもこだわり、味と香りともに最高の醤油作りを心がけています。現在、<金笛>の名で知られています。

 
金笛直売所

醸造のメインは濃口醤油が95%を占め、「金笛醤油」、「金笛丸大豆醤油」がこれにあたります。醗酵・熟成の段階で二夏を通し、大豆・小麦の旨みが濃厚となり、時間とともに塩の角(とげとげ)がとれ丸くなっていきます。醤油本来の旨さがあり、どことなくむかし懐かしい味わいがあります。

また、独自の技術を用い旨味成分はそのままで食塩のみを50%カットした「金笛減塩醤油」があります。さらに、2度の醸造を行い手間をかけた「金笛再仕込生醤油」(別名甘露醤油)も醸造。火入れをしない生醤油ならではの味わいと旨みがあり、酵素が生きているため肉を付けこむと柔らかくなります。

「金笛醤油」をベースにさまざまな商品開発にも取り組み、「金笛春夏秋冬のだしの素」、「金笛胡麻ドレッシング」など、食卓を健康で豊かにする商品をお届けしています。


笛木醤油川越店の金笛直売店をどうぞご利用ください。

 

 
金笛
HOME金笛直売店うんとん処春夏秋冬松下紀久雄むかし絵美術館店舗案内オンラインショッピング