山内禁鈴 - 川越大師 喜多院
山内禁鈴

山内禁鈴

昔のお話です。ある夜、喜多院に美しい娘が訪ねてきて、「和尚様、お願いです。今日から100日間、鐘をつかないで下さい。お礼に鐘の音色を素晴らしいものにして差し上げます。」といって、何処へともなく消えてしまいました。和尚さんは、人助けだから100日間くらいはと思い、鐘をつかないようにしていました。

そして、100日目の夜のこと。これまた美しい別の娘がやってきて、「和尚様、どうかお願いです。今夜一度だけ、鐘をついて下さいませ。」と涙ながらに頼まれました。一度だけなら訳を話せば前の娘さんも分かってくれるだろうと和尚さんは鐘をつきました。「ゴォーン。」と長く尾を引くいい音がしました。

story3.jpg

すると、その娘は見るも恐ろしい竜となり、風を呼び雲に乗って天に舞い上がりました。そして2度目の鐘をつきますと、今度は「ゴン。」といったきり、余韻のない悪い音でした。その時、寺の南の方より大きな音がしたかと思うと、稲妻が走り、前よりも激しい風雨となり、和尚さんがクルクルと水車のように回りはじめ、なんと99回も回ったそうです。やっと収まった時、和尚さんはこれは前に訪ねてきた娘のたたりだと思い、その後、山内では鐘をつかなくなり、鐘を鳴らすことも禁じたということです。