客殿(徳川家光公 誕生の間) - 川越大師 喜多院
客殿(徳川家光公 誕生の間)

客殿(徳川家光公 誕生の間)

国指定重要文化財

客殿は、書院、庫裏とあわせ江戸城紅葉山(皇居)の別殿を移築したものです。裄行(けたゆき)8間、梁間(はりま)5間の入母屋作りで柿葺(こけらぶき)。12畳半2室、17畳半2室、10畳2室があります。12畳半のうち一室が上段の間で、床と違い棚が設けられ、その襖(ふすま)と壁面には墨絵の山水が描かれています。また、天井には彩色による81枚の花模様があります。湯殿と厠(便所)も設けられています。この上段の間は、この建物が江戸城にあった頃、3代将軍徳川家光公がここで生まれたということから、「徳川家光公 誕生の間」と呼ばれています。中央の17畳半の一室には仏間が設けられ、仏事を営めるように設営されています。仏間正面の壁には、豪華な鳳凰と桐の壁画があります。

spot01-1.jpgspot01-2.jpgspot01-3.jpg

 

[関連項目]

HOME > 歴史と文化財 > 文化財・建造物・展示物 > 客殿(徳川家光公 誕生の間)