書院(春日局化粧の間) - 川越大師 喜多院
書院(春日局化粧の間)

書院(春日局化粧の間)

国指定重要文化財 

客殿につながる書院は、裄行(けたゆき)6間、梁間(はりま)5間の寄棟作り、柿葺(こけらぶき)です。客殿、庫裏と同じく江戸城紅葉山(皇居)の別殿を移築したものです。8畳2室、12畳2室があり、一部に中2階があります。この8畳間の2室には、それぞれの床の間が用意され、片方の部屋には脇床も設けられています。これらの部屋は、この建物が江戸城にあった頃、徳川家光公の乳母として知られる春日局が使用していた部屋で、「春日局化粧の間」と呼ばれています。

 

[関連項目]

HOME > 歴史と文化財 > 文化財・建造物・展示物 > 書院(春日局化粧の間)