庫裏 - 川越大師 喜多院
庫裏

庫裏

国指定重要文化財

客殿と書院に渡り廊下でつながれている庫裏は、現在拝観の方々の入口となっています。客殿、書院と同様、江戸城紅葉山(皇居)の別殿を移築したものです。裄行(けたゆき)10間、梁間(はりま)4間の母屋、裄行東4間、西3間、梁間3間の食堂、それに玄関及び広間が付いています。母屋は一端は入母屋造り、他の端が寄棟造りになっていて、食堂は一端が寄棟造り、他の端は母屋につながり、すべて栩葺(とちぶき)形銅板葺。母屋には、一部に中2階があります。