番所 - 川越大師 喜多院
番所

番所

県指定有形要文化財

山門右側に接して建てられている番所は、裄行(けたゆき)3間、梁間(はりま)2間、切妻造りの小規模な建物で、徳川江戸中期から江戸末期の建立です。天保12年(1841)の喜多院境内図では山門より後方内部に描かれているので、その後、現在のように山門に接するように移されたものと考えられます。