松平大和守家廟所 - 川越大師 喜多院
松平大和守家廟所

松平大和守家廟所

市指定史跡

慈恵堂の裏手に、石の柵に囲まれ、大きな五輪塔が並んでいます。ここは明和4年(1767)から慶応2年(1866)まで川越藩主であった松平大和守家歴代藩主の墓がある廟所(びょうしょ)として知られています。松平大和守家は、徳川家康公の次男結城秀康(ゆうきひでやす)の子直基(なおもと)を藩祖とします。同家が川越藩主であった7代100年の間に川越で亡くなった5人の藩主、朝矩(とものり)、直恒(なおつね)、直温(なおのぶ)、斉典(なりつね)、直候(なおよし)が葬られています。