みなさんが住んでいる川越市は、ここ100年ぐらいの間にいろいろなことがおこりました。鉄道がとおり駅ができ、駅前には大きなビルやマンションがたちました。道路もバイパスができ自動車の数もだいぶふえ、とても大きく変わりました。また、まわりの村といっしょになってどんどん大きくなり、たくさんの人が住むようになりました。大正11年には川越は埼玉県でさいしょに市になっています。これから川越市は、どのように変わっていくのでしょうか。


川越のむかしのまちのようすを見てみましょう

 市になったときの
     お祝(いわ)いのようす
までの町役場(まちやくば)は、そのまま市役所になりました。

 大正末年(まつねん)の
         まちのようす
南町通り(今の元町2丁目)のようすです。くらづくりの町なみの中にレンガでできたたてものがみられます。

 昭和30年代のまちのようす
鍛冶町(かじまち・今の幸町)のようすです。道路を走る車のかたちも今とはずいぶんちがいます。

 建設中(けんせつちゅう)の
         新しい市役所
昭和47年、現在(げんざい)の市役所ができました。



川越市立博物館

埼玉県川越市郭町2-30-1 TEL 049-222-5399