川越市の人口(じんこう)・面積(めんせき)・鉄道(てつどう)の
移り変わりから何がわかるかな?
図や写真をよく見て、考えてみよう。


昭和30年に川越市と九つの村がいっしょになって、 人口が急にふえたのがわかります。
※ 『統計かわごえ』による

 


   明治22年
   町になったとき


   昭和30
   9つの村といっしょになったとき

  
 

   大正11年
   市になったとき
町から市になったり、いろいろな村といっしょになって、川越がだんだん大きくなっていくようすがわかるね。

 


 

昭和のはじめのころの久保町駅
大正時代の川越鉄道川越駅<今の西武新宿線(せいぶしんじゅくせん)本川越駅>
平成元年10月の川越駅東口



川越市立博物館

埼玉県川越市郭町2-30-1 TEL 049-222-5399