木と人の暮らしを見つめて
そうび木のアトリエ  
ごま當たり器のつぶやき

通信販売
木製擦り器
・ごま擦り器
・お茶擦り器
・コーヒーミル


健康つぼ押し木
・クリオネイル


ご注文フォーム

特定商取引に関する
法律に基づく表記

ご案内

店創り40年 
木、木づくり健康第一住宅建築


株式会社創美

そうび木のアトリエ


木愛住文

バックナンバー

トップページ

 木愛住文

2008年9月第4号

パレット

【木と樹のはなし・シオジ(塩地・柾樹)】

モクセイ科の落葉高木で高サ30m、胸高直径1mに成長し、栃木県西部以南に自生する。昔、秩父山地の塩地窪、塩地谷という名の沢に、その美しい林があったため、地名からシオジと名をなしたとの説がある。また樹幹が真っすぐで柾目が通り割れやすいので「柾樹」(ショウジ→シオジ)の漢字名も使われている。材は気幹比重0.53、良質な環孔材で弾力性があり、美しい木目と加工も比較的容易な事から用途は広く、昔は農具の柄、天秤棒、滑車、楽器、船舶等にも利用された。加えて建築材として、(床板、腰板、建具、鏡板)、合板(化粧ツキ板)、和洋家具、運道具、器、そして私共で造る陳列棚には古くから使われている。最近ではヤチダモやアオダモもシオジと呼ばれる事が多く見られるが、国産材が少なくなり、特に住宅の階段板(積層材)は中国産が90%におよんでいる!!木目の美しさからして、ケヤキ、クリ、クワの模擬材として使われてきたシオジは私の好きな材木です。

 

【ちょっとおいしい話・・・散歩のおともに】

私共そうび木のアトリエの5軒トナリ、富士屋さんは、昔から「アイスモナカ」を製造販売しています。アズキの入った小倉アイス、とても美味しいです。一度、お試し下さい。ただし、ご注文の時は「やわらかいのを・・・」をお忘れなく。

アトリエの風

【9月の作品展・ウッドアート楽特別即売会】
9月1日〜9月30日

大分県日田市大山町に住む、矢羽田さんは、地元に関わり暮らしていきたいと「梅の木を使った木工品作りの研修生募集」に応募し、クラフトの世界に飛び込みました。梅の産地である大山で、伐採された老木を使い、素材を生かし、質感を大事にして、食器やアクセサリーを中心に製作をしています。紅梅は赤味があり、緻密でワイングラスや鉢にすると艶があり食卓をひきたてます。白梅の枝箸は、枝そのものの趣と削った先の白とのコントラストが素敵です。特に子供用の枝箸は手になじみやすく、お弁当にも最適です。ぜひ、ご利用ください。 
9月の作品展・ウッドアート楽特別即売会

 

【オリジナル五角箸】

オリジナル五角箸私たちが毎日手にする箸の多くは「丸、四角、六角」であり、「五角の箸」は馴染み薄です。試しに手作りしたところ、指の間にピッタリとおさまり、「持ちやすく、食べやすい。これはグー!」ということで、既存の機械と道具を用いた治具を考案し製作。誕生したのがオリジナル五角箸です。この箸で食事をした皆さん一様に、「豆や刻んだ野菜を一つ一つつまんで食べたくなるから不思議。」さらに「五角=ごかく→ごうかく→合格」といわれ、スポーツ選手や受験生にも人気です。気持ちを込めて鉋で一本一本削りだした五角箸、是非お使いください。食文化が豊かになりますよ。

 

ドラフターと墨つぼ

【シリーズ看板】

シリーズ看板時の鐘の前、近長魚店様は、明治創業の老舗です。五代目より新たに魚料理の店を始めたいと、相談を受け、店作りのお手伝いをいたしました。特に、夜は大戸に障子のくぐり戸をつけて和風を演出し、昼とは違った二つの顔を持つお店になりました。また木彫看板は、活きの良いマグロの姿を仏師彫刻家に依頼、試作を重ね、店頭メイン看板としました。皆様も当地においでの節は、美味しいお刺身をどうぞ!!

*ご紹介した商品は通販も致します。お問い合わせください。
*お読みになった感想など、メール等でお寄せください。

 

木愛住文バックナンバーページに戻る

 
 
Copyright (C) Soubi Co.,Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載、無断複製を禁じます。
トップページ ページの先頭