木と人の暮らしを見つめて
そうび木のアトリエ  
ごま當たり器のつぶやき

通信販売
木製擦り器
・ごま擦り器
・お茶擦り器
・コーヒーミル


健康つぼ押し木
・クリオネイル


ご注文フォーム

特定商取引に関する
法律に基づく表記

ご案内

店創り40年 
木、木づくり健康第一住宅建築


株式会社創美

そうび木のアトリエ


木愛住文

バックナンバー

トップページ

 木愛住文

2009年12月第19号

パレット

【木と樹の話・ヤナギ】

ヤナギは奈良時代、中国からの渡来植物で万葉集にも登場する。名前の由来はこの木から矢を作ったといわれ「矢の木」という説と、水辺に多く見られ、良くしなる木であったため魚をとる「梁の木」ともいわれている。漢字では柳・楊と書きますが「楊」の文字のつくり易は上げる意味があり枝が上に伸びるネコヤナギ、イヌコリヤナギ、バッコウヤナギ等と、ヤマナラシ属を称し、シダレヤナギ(枝垂柳)ウンリュウナヤギ等、枝が下に垂れる類は「柳」を用いている。こちらも卯のつくりが垂下した流形から来ている。枝垂柳は高さ18m直径1mになる落葉高木で雌雄異株で日本では雌株は少ないと云われている。材は散孔材で気乾比重は0.5−0.6。強度は低いが靭性があり切削加工は容易であるためヨーロッパでは木靴や義足等に用いられた。日本ではまな板、器具材、箱材、下駄材など、また薪炭材に。木炭は黒色火薬の材料になり軽質炭は絵画用コンテにすぐれており、金属、銅板、漆器などの研磨炭として最高である。枝はしなやかで強靭なため編物や結束材に・・・今は見かける事が少ない柳行李は衣裳箱としては大変便利に使われていた。古くからあるシダレ柳は、その樹姿が美しく枝垂れる風情は妙齢な女性の柳眉・柳顔・柳腰などの形容に又柳は遊女を指しており花と柳と・・・花柳界の語源とも。その流麗な容姿は街路樹として好まれ銀座を始めとした全国各地で植栽されているが個人の家では「垂レ下ル」が敬遠されてもいる。町田忠記

アトリエの風

【12月の作品展・樽富かまた特別即売会】〜22年1月11日まで

桶と樽の違い、ご存知ですか?桶は柾目の材料を使い、竹たが、銅たがなどで締め木底をはめた器でおひつ、飯切りなどのように固定した蓋のないものをいいます。樽は板目の材料で、酒樽のように固定した蓋がついたものをいいます。日本三大美林の一つ秋田杉を経験豊かな職人が日用品としての什器に作り上げました。ぜひ、お手にとってご覧ください。年末年始の来客のおもてなしに・・・もちろんあなた自身にも・・・新しいしつらいを!!

12月の作品展・樽富かまた特別即売会

 

【北の森からの仲間】

北の森から可愛い仲間たちがやってきました。窓辺に雪だるまがチョコンといたら、寒い冬も楽しめます。リングスタンドのねこ・いぬ・キリンは貴女の指輪を守ってくれますよ。

北の森からの仲間

ドラフターと墨つぼ

【川越城本丸御殿保存修理工事】

前号に続いて棟梁との話を紹介します。屋根は雨漏りで傷みがはげしい為、瓦を降ろし、野地板も全て交換し、その下の広小舞は傷んだ部分を削り取って、少し大きな材の埋木をして行きます。埋木は少し大きくとりますが、年月が経過すると、新しい材の含水率が減少する為、同じ面にそろうとの事。新築では考えられない工夫が成されていると感じました。本丸の顔である唐波風屋根の玄関部分は、特に傷みが多く見られたので、梁を1本取り替えたそうですが、丸太の太鼓梁の為、現場に持って来ての材合わせを繰り返し、3本目にしてようやく納まったとの事。そして、この梁も数年後に高さがそろうように、据付高さを20m/m位、古い梁より高く取り付けてあります。又、母屋側の梁、柱等へ接続される部分の仕口に手が加えられておらず、材が玄関だけ全てケヤキなのは、もしかしたら二の丸で使われていた物を利用した可能性があるという、現場でしか分からない事も聞けました。修行時代から、文化財や神社仏閣の解体修理を数多く手掛けてきている棟梁は、屋根瓦を降ろすとどれだけ母屋、梁が上がるのか。築年数でどの位、木材が収縮するのかを、経験値で把握しており、さらに計算上での裏付けもされています。終わりに、「新築を手掛ける宮大工ばかり、みんな憧れるけど、古い建物の解体修理ができる宮大工は少ないんだ。どうしてもきれいな方に行きたがるからね。本当はこっちの方が勉強になるのにね」と話していたのが印象的でした。修復される本丸御殿の公開は平成22年秋の予定です。

川越城本丸御殿保存修理工事

*ご紹介した商品は通販も致します。お問い合わせください。
*お読みになった感想など、メール等でお寄せください。

 

木愛住文バックナンバーページに戻る

 
 
Copyright (C) Soubi Co.,Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載、無断複製を禁じます。
トップページ ページの先頭