木と人の暮らしを見つめて
そうび木のアトリエ  
ごま當たり器のつぶやき

通信販売
木製擦り器
・ごま擦り器
・お茶擦り器
・コーヒーミル


健康つぼ押し木
・クリオネイル


ご注文フォーム

特定商取引に関する
法律に基づく表記

ご案内

店創り40年 
木、木づくり健康第一住宅建築


株式会社創美

そうび木のアトリエ


木愛住文

バックナンバー

トップページ

 木愛住文

2010年4月第23号

パレット

【木と樹の話・茶

ツバキ科の常緑低木で漢名には「茗」という字もあり、東京の地名「御茶ノ水」を「茗渓」(みょうけい)というのはこのことによります。最澄が805年に唐より種子を持ち帰り、滋賀県坂本に蒔いたのが始まりですが、1191年栄西禅師が茶の製法や効能を広めたことで、本州以南至る所に植えられています。通常製茶用として1mぐらいに刈り込みますが、自然木は4〜5mぐらいにもなり、佐賀の嬉野不動山には樹齢300年ともいわれる古木が、天然記念物に指定されています。材は辺材・芯材とも灰白色できわめて硬く緻密で強靭ですが、材としては櫛・小物細工等にまれに使われる程度です。新緑の5月、八十八夜を迎えた新芽を摘み、蒸す=揉む=乾燥 させて煎茶として頂きますが、「挽茶(碾茶)と玉露」は甘味(アミノ酸)を多くして苦味(タンニン)を少なくするため、春にヨシズや藁をかけて育てます。またこの挽茶を粉末にしたのが「抹茶」となります。アトリエのお茶すり器で煎茶をすりつぶすと、お茶の風味と甘味(うまみ)が増した茶葉を全部頂けます。すり潰すことでタンニンが分解され甘味が増すためおいしくなるのでしょう。健康食器の優れ物お茶すり器・あらまっ茶でおいしい 新茶を召し上がれ!!町田初記

《川越こぼれ話・茶》
しだれ桜で有名な中院の開祖自覚大師が比叡山より持って来たお茶が河越茶として広まり、やがて狭山茶へと繋がったと言われ中院の中庭には「狭山茶発祥の地」の石碑があります。

 

アトリエの風

【五月節句飾り】

青空に泳ぐ大きな鯉のぼり、甘い柏餅は「こどもの日」そのものでしたが、最近は鯉のぼりを見かけることはとても少なく、子供たちはあんこをあまり食べなくなりました。4月のアトリエには金太郎を多数そろえました。玄関や窓辺にちょこんと置いて「屋根より高い鯉のぼり〜〜」「マサカリ担いだ金太郎〜〜」と口ずさみませんか。

五月節句飾り

 

ドラフターと墨つぼ

【シリーズ・木の家をつくっていますU】

昨年11月、S様より新築のお話があり、御夫妻の住まいに対する考え方や要望を伺い、将来の家族構成や住まい方までを相談し、打合せを重ねました。御商売をしておりますS様は、方位にも造詣があり平面計画には苦心いたしましたが、その分満足していただきました。3月初旬、降り続いた雨も家創りを祝福してくれるかのように上り、遠く岡山より招聘した御上人様の仏式という珍しい形のお祓いで、地鎮祭は無事に目出度く終わりました。市内の景観形成地域で新築工事が始まります。まだ基礎工事が始まったばかりですが、順次工事の様子をお伝えしていきます。小峰記

シリーズ・木の家をつくっていますU

 

*ご紹介した商品は通販も致します。お問い合わせください。
*お読みになった感想など、メール等でお寄せください。

 

木愛住文バックナンバーページに戻る

 
 
Copyright (C) Soubi Co.,Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載、無断複製を禁じます。
トップページ ページの先頭