木と人の暮らしを見つめて
そうび木のアトリエ  
ごま當たり器のつぶやき

通信販売
木製擦り器
・ごま擦り器
・お茶擦り器
・コーヒーミル


健康つぼ押し木
・クリオネイル


ご注文フォーム

特定商取引に関する
法律に基づく表記

ご案内

店創り40年 
木、木づくり健康第一住宅建築


株式会社創美

そうび木のアトリエ


木愛住文

バックナンバー

トップページ

 木愛住文

2010年12月第31号

パレット

【木と樹の話・コルク樫

木と樹の話・コルク樫私達の身近にあるコルクはコルク樫から作られます。ワインの栓、コルクボード、卓球のラケット、釣竿のグリップ等に。又弾力があり湿度や温度に適応する為、スペースシャトルを始めとした航空機産業にも使われています。原材のコルク樫は、ポルトガル・スペイン・南仏・北アフリカ地中海沿岸の温暖な気候で排水のよい斜面に生育し、高さ20米、直径1.5米にもなるブナ科の常緑高木です。コルク樫の樹皮はコルク層が4〜5pにもなる為、この樹皮をはがし、乾燥させて粉にして加工することで100%天然コルクが生まれます。樹は9年後には、又樹皮がとれるようになる為、究極のエコ素材といわれています。11月ワイン好きが待ち焦がれていたボジョレーヌーボーが深夜0時から発売されました。しかし景気低迷のあおりなのか、ハーフサイズのペットボトルも販売されています。コルク栓はもういらなくなるということでしょうか。そういえば世界の生産の52%を占めるポルトガルのコルクの林が荒れているそうです。簡便だけでなく自然素材にももっとこだわりたいものですね。町田初記

 

【都市景観ポイント賞受賞

昨年、弊社で製作させて頂きました、松岡種苗店様の木彫看板が、川越市の都市景観ポイント賞を受賞いたしました。この賞は、歴史と伝統のある川越の景観に調和し、新しい試みや工夫が盛り込まれ、景観づくりの模範となるものに与えられます。一番街では、蔵造りの景観を大切にと、街並規範をつくり、看板もその対象となっています。江戸時代には、その姿、形によって店の商いを表す象形看板が多く見られたそうですが、松岡種苗店様の看板にはその手法を取り入れて、そら豆の二葉が発芽したものを提案いたしました。そのユニークな形と、鮮やかな黄緑色が、道行く人々の目を惹きつけるものとなっています。川越にお越しの際は是非ご覧になってみてください。今村記

 

アトリエの風

【クリスマスフェア&プレゼント】

今年は冬の訪れが早く、街に立つサンタクロースも寒そう・・ホワイトクリスマスになるかな?家の中では暖かく、クリスマスを待ちわびる時を楽しみましょう。木製の小さなツリーやサンタクロース、パズルはそんな時間にピッタリです。サンタを待ちわびる子供たちへのプレゼントには、白木のおもちゃ・積木はいかがですか?電池を使わずエコで、使い方を考える頭の体操にもなりますよ。

クリスマスフェア&プレゼント

 

【桐のまな板・特別セール】

桐のまな板は、軽く乾きが早い・包丁が滑りにくく減りにくい・抗菌性に優れている、と大変使い易いです。通常価格3150円を12月だけの特別価格2520円!!年末年始はお料理の回数も増えます。ちょっと奮発してお正月を新しいまな板で迎えるのはいかがでしょうか?

 

ドラフターと墨つぼ

【四塚稲荷】

四塚稲荷元町二丁目は、昔、高澤町と呼ばれ、札の辻を境に坂戸方面へ通じる街道に面しています。繁華であった本町(現幸町)と並んで『三芳野名勝図会』に「江都日本橋の如し」と著されています。この高澤町の西端、赤間川を背にして、町を見守る様に六塚稲荷神社があります。その境内の左脇に、高さ1米50程の四塚神社があります。通常、社寺は東、もしくは南向きですが、四塚稲荷は西向きとなっています。古くは、札の辻に祀ってあったものが大正初期、現在地に遷宮され、今も西方からの魔除けとして、川越の街を守っています。この度、自治会より、四塚稲荷神社の建て替えを依頼され、老朽化激しい社を現調し、資料の無い中、図面を起こし、棟梁と仕口の検討を重ね、総桧造りの優美な社が出来上がりました。11月27日には、町内の人が集まり、氷川神社の神主による竣工祭が行なわれ、皆様から感謝と御褒めの言葉を頂戴しました。これからも、四塚稲荷は、西方の守護神として川越の街を守り続けていく事でしょう。小峰記

 

*ご紹介した商品は通販も致します。お問い合わせください。
*お読みになった感想など、メール等でお寄せください。

 

木愛住文バックナンバーページに戻る

 
 
Copyright (C) Soubi Co.,Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載、無断複製を禁じます。
トップページ ページの先頭