木と人の暮らしを見つめて
そうび木のアトリエ  
ごま當たり器のつぶやき

通信販売
木製擦り器
・ごま擦り器
・お茶擦り器
・コーヒーミル


健康つぼ押し木
・クリオネイル


ご注文フォーム

特定商取引に関する
法律に基づく表記

ご案内

店創り40年 
木、木づくり健康第一住宅建築


株式会社創美

そうび木のアトリエ


木愛住文

バックナンバー

トップページ

 木愛住文

2011年12月第36号

今月のアトリエ

「藤原啓祐作品展」 12月12日より1月31日まで

栃のコーヒースプーンでお馴染の藤原さんの作品展です。会津の山に囲まれ、心のままに鑿を使い形作っていきます。ひとつとして全く同じ物はありません。御自分の手にしっくりとくる物をお選びください。

藤原啓祐作品展

 

印刷版通信「そうび木のアトリエ」アーカイブ

アーカイブB1999年 春号

「削ろう会川越大会」でも薄く削れる人の回りでは「どこの鉋だろう?」という声を聞きました。鋼を道具にかえる技術と研究の賜物の碓氷健吾作「健明」、アトリエでご覧いただけます。
時の鐘「Woody Puzzle」シルエットを見て15ピース全てを使い、その形を作るのは結構難しいです。まだまだロングラン発売中!ぜひ挑戦してみてください。
今でも時折、「私のごま當り器はクラフトフェア松本で買ったのよ。今回はお友達に・・」とご注文を頂くことがあります。長い間大切にご愛用いただき感謝感謝です。

1999年4月 春号Vol.3  (PDF 735KB)

 

アーカイブA1999年1月 初春号

リサイクル・リユースの木パネルは年2回使用していました。「ジョイントすることで木パネルが多様に繰り返し使える」大事なことですね。そして日本伝統工法のジョイント。木の柱を修復し存続させ続ける技術に感服。「みずめ桜」と「うわみず桜」読者の皆さんの反応の良さにビックリ!学ぶ機会を頂いていたと改めて感じました。

1999年1月 初春号Vol.2  (PDF 935KB)

 

アーカイブ@1998年10月 創刊号

そうび木のアトリエ開店から一年。喜多院に「徳川家光誕生の間」がある理由に納得。「金輪継ぎ」という言葉を知りました。「ごま當り器」の材である“みずめ桜”は〈桜〉とつくのに「カバノキ科」。“エンジュ”と“メープル”の集成材で作っていた「うっでぃみる」のイラストが懐かしいです。

1998年10月 創刊号Vol.1  (PDF 1.05MB)

 

*ご紹介した商品は通販も致します。お問い合わせください。
*お読みになった感想など、メール等でお寄せください。

 

木愛住文バックナンバーページに戻る

 
 
Copyright (C) Soubi Co.,Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載、無断複製を禁じます。
トップページ ページの先頭